【公式】株式会社ポラリス採用サイト|自立支援型ポラリスデイサービスセンター求人情報

INTERVIEWインタビュー

取材日:2019年7月
INTERVIEW
奥村 香織

奥村 香織

Kaori Okumura

ポラリスデイサービスセンター庄内

看護師・機能訓練指導員

2013年入社

INTERVIEW

現場での出会い一つひとつが、最大の糧に。ケアに携わる自分自身の歩みも楽しめます。

 

PROFILE

引っ越し先から通いやすい範囲で、子育てとの両立ができる仕事場を探し、ポラリスに入社。以前は、大学病院や介護老人保健施設で看護師として勤務していた。現在は週に2回のペースでパート勤務。先輩看護師からは、育児や家事についてアドバイスをもらうことも。

#

ご利用者様それぞれの症例に合わせて、最適なプログラムを。

インタビュー

ポラリスで働く看護師は、原則として医療行為ではなく、要介護認定を受けたご利用者様の機能訓練を手がけており、症例別に行われる訓練の計画段階から実施時のサポートまでを一貫して担当します。パワーリハビリテーションとは違い、マシンを使用しないのが機能訓練の大きな特徴。トレッキング用のノルディックポールやゴム製のリングを使った、座ってできる運動が中心です。メニューは多彩に用意されており、体にまひがある、階段が上がりにくいといった、ご利用者様それぞれの課題に応じてプログラムを組み立てています。

#

情報収集を怠らないことが、症状を改善へと導く最短ルートです。

インタビュー

送迎に出ることがない看護師は、ご利用者様の生活環境を直接目にする機会がありません。ですが、より効果的な訓練計画を練るためには、少しでも多くの情報が必要になるもの。そこで大切になるのが、スタッフ間の連携です。脚に不自由があるご利用者様がいらっしゃれば、介護スタッフにご自宅の玄関やお風呂場の段差などの撮影を依頼。管理職がまとめたアセスメント資料も、重要な検討材料です。そうした情報や状態の変化をもとに対策を考え、個別の計画書に落とし込む過程は難しくもあり、やりがいを感じられる時間でもあります。

#

フレンドリーな人間関係が、科学的なリハビリの根幹を支えています。

インタビュー

元気になりたいという明確な意志をお持ちの方々が集まるだけに、事業所はとても明るい雰囲気です。地域柄もあるのか常に笑いが絶えず、ご利用者様の側から親しげに話しかけてくださることもしばしば。一人ひとりの前向きな様子、元気になられる様子を見て、こちらまで元気をもらえるのは、当社の介護における特色のひとつですね。もちろん、私たちとしてもポラリスに通うことが、心身両面でのリフレッシュにつながればと願っています。楽しい感覚を持てること自体が、リハビリの効果にも好影響をもたらしてくれるはずです。

#

考える以上に経験してみることが、成長のきっかけを与えてくれる。

インタビュー

入社当初は、マシンの利用を主体としたリハビリの流れについていけるか、不安を感じていた私。ここまで勤務を続けてこられたのも、先輩方の丁寧な指導、そして何よりご利用者様の存在に支えられ、自分なりのペースで自立支援介護への理解を深めてこられたからです。一般的な介護現場に比べると、突っ込んだ知識が求められるのは事実ですが、リハビリ前後の動作のなかにもヒントは必ず隠されています。まずはご利用者様と向き合ってみることに重きを置いて仕事に打ち込めば、きっと自分自身の成長を実感できる職場だと思います。

schedule
schedule

1日の流れ

 

9:00

出勤

カルテや機能訓練の計画書をチェックするところから、一日がスタートします。

9:30

健康チェック

ご利用者様をお迎えし、到着順にフロアまで安全に誘導。当日の健康状態をうかがいながら血圧などを測定し、準備体操に移っていただきます。

10:00

リハビリオペレーション

ポラリスの事業所では、ご利用者様ごとに異なる流れでリハビリを行います。機能訓練も、パワーリハなどに並行して実施。個々のご利用者様に付き添い、訓練をサポートします。

11:30

事務処理

機能訓練を終えたご利用者様は、続いてグループリハに移ります。その時間をカルテ記入や訓練内容の記録にあてます。

12:00

休憩

カフェタイムを挟んでご自宅に帰られるご利用者様を見送り、休憩へ。事業所内を歩かれている姿にも気を配っており、必要であればお声がけも行います。

13:00

健康チェック

休憩が明けると、ちょうど午後からのご利用者様が到着する時間帯。再び健康チェックを行い、体調にお変わりがないかを確認します。

14:00

リハビリオペレーション

準備体操の終了を待って、機能訓練のプログラムを開始します。ご利用者様によってはゴルフのスイングなど、ご自身が叶えたい夢に向けた訓練に励まれる方も。

15:30

事務処理

午後からのご利用者様の状況を書類に記録。次回以降の訓練の実施方法を検討します。

16:30

退勤

常勤スタッフより少し早く退勤。子どもが熱を出したときには勤務を交代してくれるなど、家庭のことにも配慮の行き届いた職場環境です。