【公式】株式会社ポラリス採用サイト|自立支援型ポラリスデイサービスセンター求人情報

INTERVIEWインタビュー

取材日:2019年7月
INTERVIEW
高田 亨子

高田 亨子

Kyoko Takada

ポラリスデイサービスセンター旭町

介護スタッフ・所長

2012年入社

INTERVIEW

ご利用者様の意思を形にできるのが、自立支援介護。寄り添う側の充実感も違います。

 

PROFILE

自立支援介護の考え方に共感し、パート入社。以来、ご利用者様のやる気を刺激するスタンスでケアに打ち込み、所長にまでキャリアアップした。開設から日の浅いデイサービスセンター旭町を引っ張る現在は、勤務先をポラリスで一番の事業所にすることを目標に掲げる。

#

介護の現場で感じていた葛藤が、ポラリスとの出会いのきっかけに。

インタビュー

ポラリスに入社する以前は、2年半ほど有料老人ホームで夜勤をしていました。介護デビューを果たした職場で気がかりだったのが、外出したくてもできない、あるいは歩きたくても歩かせてもらえないお年寄りの存在。そんな複雑な感情から転職を考えるようになり、当社が行うリハビリ中心のデイサービスを知りました。思わず気になった私は、自宅近くの事業所をのぞいてみることに。専用のマシンを使ったパワーリハビリテーションの様子に、新たなスキルを吸収できそうな印象を持ち、ここで働きたいという意志が固まりました。

#

目的意識のあるケアは、私が思い描く介護のあり方そのものでした。

インタビュー

ポラリスでの介護は、それまでに関わってきた介護とは全く異なっていました。万一の事態を想定し、車椅子の方は車椅子から下ろさないといった消極的な対応を取るのではなく、ご利用者様の意欲は可能な限り、個々に合わせた運動という形で実行に移す。ただお預かりするのではなく、ご自宅での豊かな暮らしを見据えたケアに徹する。あくまでも生活の改善を図る自立支援介護は、私がやりたかったことが実現できる介護でした。ポラリスならではの医学的な知識を習得する過程も苦にはならず、率直に楽しいと思える時間でした。

#

一歩一歩、確かな歩みが目に見える。その感動が最大の原動力です。

インタビュー

以前、脊髄損傷を経験されたご利用者様をお迎えしたことがあります。その方は日常動作に重度の障害を抱えておられ、補助器具をつけて立ち上がるのがやっとという状態。まずは歩いていただかないことには始まらないと考えた私は、あえて器具や車椅子を使わない方向でリハビリを進めることにしました。最初は立ち姿勢を維持するだけでも大変でしたが、効率性重視でプログラムを組み立てたところ、半年後には自ら歩いてポラリスを“卒業”。ご利用者様が改善されたときの感動を間近で味わえるのは、当社だからこそのやりがいです。

#

ご利用者様も、スタッフも。手を携えて前進できる事業所を目指して。

インタビュー

私が現在勤務するのは、デイサービスセンター旭町。開設当初から所長を務めています。介護経験のないスタッフが大半なので、指導すべき点は入念に指導していますが、一方でみんなが楽しく働ける環境を作るのも、私のモットー。仕事にまっすぐ取り組めるよう、オンとオフにメリハリがつく事業所運営を心がけています。私たちが全うすべき役割は、ご利用者様一人ひとりを元気にし、いつまでもご自宅での生活を継続していただくこと。ご利用者様とスタッフ双方の頑張りを引き出し、高め合える事業所にできるとうれしいですね。

schedule
schedule

1日の流れ

 

8:30

出勤・朝礼

書類の整理など当日の準備を済ませ、朝礼を行います。

9:00

お迎え

送迎の割り振りに従って担当エリアに向かい、ご利用者様をご自宅から事業所にお連れします。到着後は順次、看護師による健康チェック、カフェタイムに入ります。

9:30

リハビリオペレーション

準備体操から午前の部を開始。ご利用者様の補助にあたるかたわら、スタッフのもとを巡回し、マンツーマンでパワーリハ、グループリハの技術指導を行います。5時間コースを採用している事業所の場合、リハビリと並行して入浴も実施。自ら後輩にお手本を見せながら、介助のポイントを伝えます。

11:30

休憩

昼食どきを迎えるフロアをスタッフに任せ、1時間の休憩を取ります。

12:30

口腔ケア

食事を済ませたご利用者様の口腔ケアを行います。

15:30

お送り

全てのプログラムが終了し、ご利用者様を安全に送り届けます。

16:30

清掃・事務処理

事業所に戻れば、スタッフとフロアを清掃。続いて、ご利用者様の状況や水分の摂取量などを記録し、業務日報を作成します。

17:00

カンファレンス

当日の業務内容をスタッフ全員で振り返り、翌日以降のケアに活かします。

17:30

退勤

この日の業務は終了。全員が定時で帰れるよう、事前の段取りを欠かしていません。